FC2ブログ

Home > Mac関連

Mac関連 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

KnoppixをUSBから起動

自分用にメモ

1:まずKnoppix Ver6.0.1 JP iso(CD版)をダウンロード。

2:CD作成をしてCDから起動。

3.USBを接続(FAT32でフォーマット済)スタートメニューみたいな所からFlashメモリーにコピーみたいなのをクリックして進めて行く。

4:完了したら一度シャットダウン。
CDは自動で排出される。

5:BIOSの設定でUSBを使えるようにして、ロードの順番を1にする。

6:これでUSBから起動出来るようになった。

因みにこれはWinで作成する!
明日はMacで起動出来るか試してみよ。

MacにはBootCampが入っているからかCDでの起動は途中で止まってしまった。

しかたなくPowerボタンで電源を切ったが、アクシデントが発生!!

Macが起動出来なくなった(;゜0゜)
そしてBootCampも起動出来ない。

OSXのインストールディスクからも起動出来ない(゚o゚;;

やべぇーーーーーーー!!

PRAMクリアを試して再度HDDから起動してみた。


起動したぁ~♪( ´▽`)助かったぁ

どうやら正常に終了出来なかったのが原因でおかしくなったようだ。

今度は気を付けよ(-_-;)

Mac Book 13インチ Early2009のHDD交換

昨日Mac BookのHDDを500GBに交換しました。
元は120GBでした。

忘れない様に交換の手順

『準備するもの』
1:交換用の内蔵用HDD2.5インチ(規格SATA,厚さは9.5mm以下
2:交換後に使えるHDDケース(元のHDDを外付けに使用する為&交換前のデータを新HDDに移行する為
3:精密ドライバー&星形の特殊なドライバー(T-8)
4:Macのバックアップ用ソフト(Carbon Copy Cloner)
5:ブートキャンプのバックアップ用ソフト(Winclone

以上が僕が準備した物

『交換手順』
1:Carbon Copy Clonerにて現在のMacのすべてを新HDDにバックアップ
新HDDはMac OS 拡張(ジャーナリング)にフォーマットしておく
2:Wincloneにてブートキャンプのすべてをバックアップ(フォーマットがFAT32だとエラーになるので、変換する
3:新HDDで起動確認をする。
4:正常に起動出来ればブートキャンプのパーテンションを作成する。
5:Wincloneでバックアップした物を新HDDのBootCampパーテンションにリストアする。
6:ブートキャンプで起動の確認&VMware Fusionで起動の確認。
7:すべて問題なければHDDを交換する。
8:Macの電源OFF,裏返してバッテリーを外す。
9:固定金具を精密ドライバーで外す(ネジ3本)
10:HDDの白い紙を引っ張り旧HDDを抜く。
11:特殊ドライバーでHDDを固定しているネジを外す(ネジ4本)
12:今の逆の手順で新HDDを取り付け。
13:起動確認で完了

Mac OS X ショートカットキー

修飾キーには、「command」、「control」、「option」、「shift」、「Caps Lock」、
(ノートブック型 Mac の)「fn」の各キーがあります。

(「command」キー) ― アップルのキーボードでは「アップルキー」と呼ばれることもあり、アップルのロゴ () が刻印されていることがあります。

― (「control」キー)
― (「option」キー) ― このキーには「Alt」と表示されることもあります。

― (「shift」キー)
(「Caps Lock」キー) ― Caps Lock 機能のオンとオフを切り替えます。

fn (ファンクションキー) ― ノードブック型 Mac の内蔵キーボードの左下隅にあります。

起動用キーボードショートカット
予期される機能が開始 (表示) されるまでキーまたはキーコンビネーションを押したままにします (たとえば、起動中に Startup Manager が表示されるまで「option」キーを押し続けるか、「Safe Boot」と表示されるまで「shift」キーを押し続けます)。

ヒント:他社製のキーボードを使っているときに、起動機能が正常に働かない場合は、アップルのキーボードを接続して、もう一度試してみてください。

キーまたはキーコンビネーション
処理内容
option
起動可能なすべてのボリュームを表示 (Startup Manager)

shift
セーフブート (セーフモードでの起動) を実行

C
起動可能なディスクから起動

T
FireWire ターゲットディスクモードで起動


NetBoot サーバから起動

X
Mac OS X を強制的に起動 (Mac OS X 起動ボリューム以外のボリュームが存在する場合)

command + V
Verbose モードで起動

command + S
シングルユーザモードで起動



Finder 用キーボードショートカット
キーコンビネーション
処理内容

command + A
手前に表示されている Finder ウインドウ (ウインドウが開かれていない場合はデスクトップ) のすべての項目を選択

option + command + A
すべての項目の選択を解除

shift + command + A
「アプリケーション」フォルダを開く

command + C
選択した項目/テキストのコピー

shift + command + C
「コンピュータ」ウインドウを開く

command + D
選択した項目を複製

shift + command + D
「デスクトップ」フォルダを開く

command + E
取り出し

command + F
Spotlight で、一致する属性を検索

shift + command + F
Spotlight で、ファイル名の一致を検索

option + command + F
すでに開いている Spotlight ウインドウの検索フィールドに移動

shift + command + G
フォルダへ移動

shift + command + H
現在ログインしているユーザアカウントの「ホーム」フォルダを開く

command + I
情報を見る

option + command + I
インスペクタを表示

control + command + I
概要情報を見る

shift + command + I
iDisk を開く

command + J
表示オプションを表示

command + K
サーバへの接続

shift + command + K
ネットワークウインドウを開く

command + L
選択した項目のエイリアスを作る

command + M
ウインドウをしまう

option + command + M
すべてのウインドウをしまう

command + N
新規 Finder ウインドウ

shift + command + N
新規フォルダ

option + command + N
新規スマートフォルダ

command + O
選択した項目を開く

shift + command + Q
ログアウト

option + shift + command + Q
すぐにログアウトする

command + R
(エイリアスの) オリジナルを表示

command + T
サイドバーに追加

shift + command + T
よく使う項目に追加

option + command + T
Finder ウインドウのツールバーを隠す/表示

shift + command + U
「ユーティリティ」フォルダを開く

command + V
ペースト

command + W
ウインドウを閉じる

option + command + W
すべてのウインドウを閉じる

command + X
カット

option + command + Y
スライドショー (Mac OS X 10.5 以降)

command + Z
取り消す/やり直す

command + 1
アイコンとして表示

command + 2
リストで表示

command + 3
列で表示

command + 4
Cover Flow で表示 (Mac OS X 10.5 以降)

command + カンマ (,)
Finder の環境設定を開く

command + アクセント (`) (US English キーボード配列で、「tab」キーの上にある)
開かれている Finder ウインドウ間を順番に切り替える

command + shift + ?
「Mac ヘルプ」にアクセス

option + shift + command + esc
Finder の強制終了

command + [
戻る

command + ]
進む

command + 上矢印キー
内包しているフォルダを開く

control + command + 上矢印キー
内包しているフォルダを新規ウインドウで開く

command + 下矢印キー
ハイライトした項目を開く

command + tab
アプリケーションを順に切り替える

shift + command + tab
アプリケーションを逆順に切り替える

command + delete
ゴミ箱に入れる

shift + command + delete
ゴミ箱を空にする

option + shift + command + delete
確認ダイアログなしでゴミ箱を空にする
スペース (または command + Y)
Quick Look (Mac OS X 10.5 以降)

command + ドラッグ
ドラッグして別のボリューム/場所へ項目を移動 (キーを押している間、ポインタの形が変化します。こちらの記事を参照)

option + ドラッグ
ドラッグして項目をコピー (キーを押している間、ポインタの形が変化します。こちらの記事を参照)

option + command + ドラッグ
ドラッグして項目のエイリアスを作る (キーを押している間、ポインタの形が変化します。こちらの記事を参照)

アプリケーション用などその他の Mac OS X キーボードコマンド
注意:アプリケーションによっては、以下に示すアプリケーション用キーコンビネーションの一部がサポートされない場合があります。


キーコンビネーション
処理内容

command + スペース
Spotlight 検索フィールドを表示/隠す (複数の言語がインストールされている場合は、有効になっているスクリプトシステムが順番に表示されます。)

option + command + スペース
Spotlight 検索結果ウインドウを表示 (複数の言語がインストールされている場合は、スクリプト内のキーボードレイアウトおよび入力方式が順番に表示されます。)

command + tab
開いているアプリケーションのリスト (最近使った順番に表示されている) 内を順方向に移動

shift + command + tab
開いているアプリケーションのリスト (最近使った順番に表示されている) 内を逆方向に移動

shift + tab
逆方向にコントロール間を移動

control + tab
ダイアログ内の次のコントロールのグループ、または次の表にフォーカスを移動 (「tab」キーを押すと次のセルに移動する場合)

shift + control + tab
前のコントロールのグループにフォーカスを移動

command + esc
Front Row (インストールされている場合) を開く

option + イジェクト
セカンダリ光学式メディアドライブ (取り付けられている場合) からのの取り出し

control + イジェクト
システム終了ダイアログを表示

option + command + イジェクト
スリープモードにする

control + command + イジェクト
(開いた状態の書類に対する変更を保存するよう求めた後に) すべてのアプリケーションを終了して、コンピュータを再起動

control + option + command + イジェクト
(開いた状態の書類に対する変更を保存するよう求めた後に) すべてのアプリケーションを終了して、システム終了

fn + delete
カーソルの右側の文字を削除 (ノートブック型 Mac の内蔵キーボード)

control + F1
フルキーボードアクセスのオン/オフを切り替える

control + F2
メニューバーにフォーカスを移動

control + F3
Dock にフォーカスを移動

control + F4
アクティブな (または次の) ウインドウにフォーカスを移動

shift + control + F4
前にアクティブであったウインドウにフォーカスを移動

control + F5
ツールバーにフォーカスを移動

control + F6
最初の (または次の) パネルにフォーカスを移動

shift + control + F6
前のパネルにフォーカスを移動

control + F7
ウインドウおよびダイアログの現在のキーボードアクセスモードを一時的に無効にする

F9
開かれているすべてのウインドウをタイル表示/タイル表示解除

F10
現在アクティブなアプリケーションで開かれているすべてのウインドウをタイル表示/タイル表示解除

F11
開かれているすべてのウインドウを隠す/表示

F12
Dashboard を隠す/表示

command + (`)
最前面のアプリケーションで開かれている次のウインドウをアクティブ化

shift + command + (`)
最前面のアプリケーションで開かれている前のウインドウをアクティブ化

option + command + (`)
ウインドウドロアーにフォーカスを移動

command + マイナス (-)
選択した項目のサイズを縮小

command + {
選択した範囲を左揃え

command + }
選択した範囲を右揃え

command + |
選択した範囲を中央揃え

command + コロン (:)
「スペル」ウインドウを表示

command + セミコロン (;)
書類内でスペルに誤りのある単語を検索

command + カンマ (,)
前面に表示されているアプリケーションの環境設定ウインドウを開く (そのアプリケーションでこのキーボードショートカットがサポートされている場合)

option + control + command + カンマ (,)
画面のコントラストを下げる

option + control + command + ピリオド (.)
画面のコントラストを上げる

command + ?
アプリケーションのヘルプをヘルプビューアで開く

option + command + /
フォントスムージング機能のオン/オフを切り替える

shift + command + =
選択した項目のサイズを拡大

shift + command + 3
画面をファイルに取り込む

shift + control + command + 3
画面をクリップボードに取り込む

shift + command + 4
選択した範囲をファイルに取り込む

shift + control + command + 4
選択した範囲をクリップボードに取り込む

command + A
書類またはウインドウ内のすべての項目、またはテキストフィールド内のすべての文字をハイライトする

command + B
選択したテキストを太字に設定/設定解除

command + C
選択したデータを複製してクリップボードに保存

shift + command + C
カラーウインドウを表示

option + command + C
選択したテキストのスタイルをコピー

control + command + C
選択した項目の書式設定をコピーしてクリップボードに保存

option + command + D
Dock を表示/隠す

command + control + D
辞書アプリケーションで選択した単語の定義を表示

command + E
選択項目を検索に使う

command + F
検索ウインドウを開く

option + command + F
検索フィールドのコントロールに移動

command + G
選択項目が次に出てくる場所を検索

shift + command + G
選択項目が出てくる場所を逆方向に検索

command + H
現在実行中のアプリケーションのウインドウを隠す

option + command + H
実行されているその他すべてのアプリケーションのウインドウを隠す

command + I
選択したテキストを斜体に設定/設定解除

option + command + I
インスペクタウインドウを表示

command + J
選択した範囲までスクロール

command + M
アクティブなウインドウを Dock にしまう

option + command + M
アクティブなアプリケーションのすべてのウインドウを Dock にしまう

command + N
最前面のアプリケーションで新規書類を作成

command + O
最前面のアプリケーションで開く書類を選択するためのダイアログを表示

command + P
「プリント」ダイアログを表示

shift + command + P
印刷パラメータを指定するためのダイアログを表示 (「ページ設定」コマンド)

command + Q
最全面のアプリケーションを終了

command + S
アクティブな書類を保存

shift + command + S
「別名で保存」ダイアログを表示

command + T
「フォント」ウインドウを表示

option + command + T
ツールバーを表示/隠す

command + U
選択したテキストに下線を設定/設定解除

command + V
クリップボードの内容を挿入ポイントにペースト

option + command + V
あるオブジェクトのスタイルを、選択したオブジェクトに適用 (「スタイルをペースト」コマンド)

option + shift + command + V
周囲のテキストのスタイルを、挿入したオブジェクトに適用 (「ペーストしてスタイルを合わせる」コマンド)

control + command + V
選択したオブジェクトに書式設定を適用 (「ルーラのペースト」コマンド)

command + W
最全面のウインドウを閉じる

shift + command + W
ファイルとそのファイルに関連付けられたウインドウを閉じる

option + command + W
アプリケーションを終了せずにそのアプリケーションのすべてのウインドウを閉じる

command + X
選択内容を削除してクリップボードに保存

command + Z
前のコマンドの取り消し (アプリケーションによっては複数回の取り消しが可能)

shift + command + Z
前のコマンドのやり直し (アプリケーションによっては複数回のやり直しが可能)

control + 右矢印キー
ビュー (表など) 内の別の値またはセルにフォーカスを移動

control + 左矢印キー
ビュー (表など) 内の別の値またはセルにフォーカスを移動

control + 下矢印キー
ビュー (表など) 内の別の値またはセルにフォーカスを移動

control + 上矢印キー
ビュー (表など) 内の別の値またはセルにフォーカスを移動

shift + command + 右矢印キー
挿入ポイントから、現在の行の終わりまでの範囲のテキストを選択 (*)

shift + command + 左矢印キー
挿入ポイントから、現在の行の始まりまでの範囲のテキストを選択 (*)

shift + 右矢印キー
選択したテキスト範囲を 1 文字右に拡張する (*)

shift + 左矢印キー
選択したテキスト範囲を 1 文字左に拡張する (*)

shift + command + 上矢印キー
挿入ポイントから、書類の始まりまでの範囲のテキストを選択 (*)

shift + command + 下矢印キー
挿入ポイントから、書類の終わりまでの範囲のテキストを選択 (*)

shift + 上矢印キー
選択したテキスト範囲を、上の行の、同じ水平位置にもっとも近い文字境界まで拡張する (*)

shift + 下矢印キー
選択したテキスト範囲を、下の行の、同じ水平位置にもっとも近い文字境界まで拡張する (*)

shift + option + 右矢印キー
選択したテキスト範囲を、現在の単語の終わりまで拡張し、次回には次の単語の終わりまで拡張する (*)

shift + option + 左矢印キー
選択したテキスト範囲を、現在の単語の始まりまで拡張し、次回には次の単語の始まりまで拡張する (*)

shift + option + 下矢印キー
選択したテキスト範囲を、現在の段落の終わりまで拡張し、次回には次の段落の終わりまで拡張する (*)

shift + option + 上矢印キー
選択したテキスト範囲を、現在の段落の始まりまで拡張し、次回には次の段落の始まりまで拡張する (*)

control + スペース
現在の入力ソースと前の入力ソース間の切り替え

option + control + スペース
有効なすべての入力ソース間の切り替え

command + 左矢印キー
キーボードレイアウトをシステムスクリプトの現在のレイアウトに変更

command + 右矢印キー
キーボードレイアウトを欧米語スクリプトの現在のレイアウトに変更

option + command + esc
強制終了

(*) 注意 テキストが選択されていない場合は、挿入ポイントから拡張が開始されます。テキストがドラッグによって選択されている場合は、選択した範囲の境界から拡張が開始されます。選択した範囲を逆方向に選択すると、該当する単位の選択が解除されます。

Home > Mac関連

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。